ブログ
ホームブログ想定していないこと
2022.07.10

想定していないこと


あまり時事ネタは書かないのですが、あまりに衝撃だったので自分の気持ちの整理という意味も含めて書こうと思います。
昨日、安倍元首相が銃で撃たれて亡くなりました。
初めラジオの速報で聞いた時は「日本で?銃撃?」と嘘でしょ、と思いましたが、ネットニュースで見ると本当っぽい。
その数時間後に亡くなられたと、これまたラジオの速報で知りました。

そこから何かわからないモヤっとした気持ち悪さを覚えながら作業をしていました。
寝て起きてもまだすっきりしない。
昼休みにひろゆきのコメントを読んでいて「気持ち悪さの原因はこれか」と納得しました。
それは「銃」で撃たれたことだなと。
これまで僕は日本は安全な国だと思ってました、いまも思ってます。
海外旅行に行くと目つきのやばい人が見ている(ように感じる)と思って自分の身と荷物に緊張感を持って守るという意識になることがあるけど、日本ではない。
そんな日本でも身近で殺傷事件があったり、車が暴走したりの事件はたまにある。
ヤクザ同士の抗争で銃が使われたというニュースも聞く。
このあたりは僕の中で「まぁ、起こりうるよね」と想定内のことです。

ですが今回の安倍さんの事件は全く想定していないことでした。
自作の銃で要人が殺されるなんて、僕の中ではケネディ大統領くらいまで遡ります。
海外のニュースで銃乱射事件のことは聞きますが、まさに対岸の火事というか日本では起きないことと思い込んでいました。
それが起きた。
普段の生活で「銃で撃たれる」ということも「有り得る」と認識を変えなければならない。
日本には銃はないという相互認識のもとで僕らは生活しているけど、それが崩れた瞬間だと思って、それがショックだったんだなと考え至りました。
価値観が変わる出来事で、思考にまだ納得できていない感じですが。

安倍さん絡みのことで思い出があります。
前職の時に小豆島の採石場にリサーチに行った時、採石場の代表の方が「民主党から自民党に政権が戻って公共事業が増えて石の注文が戻った。これで社員にボーナスが出せる」と言っていました。
自民党も安倍さんも支持していたわけではないけど、この採石場みたいに助けられた人も多いんだろうなと、政治は自分ごとで考えるだけでなくて俯瞰した見方も重要だなと思った印象深い話でした。

安心して商売できてご飯が食べれる社会であってほしい。