ブログ
ホームブログおじさんの僕の意見
2022.07.05

おじさんの僕の意見


早すぎる梅雨明けからの猛暑、そして台風です。
梅雨明けしたから今年の七夕は珍しく晴れるかなと思ってたけど、ダメっぽいですね。
子供の頃に住んでいた地域では七夕の日に町の神社で夏祭りがありました。
両親からお小遣いをもらって友達と夜店でかき氷食べたり、胡散臭いくじ引きしたり、金魚すくいしたりしていました。
それが毎年雨、よくて曇天でしたね。

そんな7月の上旬、久しぶりのテーブル製作をしてました。
変則のオーバル天板に板脚のテーブルです。
オーダーメイドならではの依頼で、作りごたえがありました。
仕上げはまだですが、いいテーブルになりそうです。

インスタグラムを流し見していると、職業柄「我が家のインテリア」みたいなのがオススメで頻繁に表示されます。
ふ〜んなんて特に何も考えずにスクロールしていると「さっきも見た」と思ったのが違う人の家だった、というのがよくあります。
いわゆる「おしゃれな家」がテンプレート化しているんだなと気づいたわけです。
対面のキッチンで背面にはバルミューダのトースターがあって、飾り棚にはカゴが置いている。
みたいな写真をしょっちゅう見る、そしてコメントでは「素敵」「おしゃれ」と賞賛されていますね。
「こういうのが支持されているんだなぁ」なんて思いながら眺めています。
ファッションでもその年に流行った格好をした人は街で何人も見ますね、エスカレーターに同じ服装の人が並んでいることも。
トレンドってそんなものですが、家づくりまでトレンドを気にするのはどうだかな?と僕は思います。
長い付き合いにならざる得ないですからね、服みたいに着替えれない。
インスタを参考にするのはいいけど、自分の性格、趣味に合っているかは冷静に考えた方がいいのかなと、おじさんの僕の意見です。
うちのキッチンは壁に向かって立つタイプで、振り向けばテーブルがある昭和な家のダイニングです。
テーブルが近くて便利だし、ダイニングキッチンスペースがコンパクトに納まっていて狭いマンションでいい塩梅です。

暑くなってきたので休憩多めでぼちぼち頑張ります。
次は壁面の本棚だ。