ブログ
ホームブログ頑張った甲斐がある
2021.04.04

頑張った甲斐がある


先週のことですが、杉の木でウロコを作りました。
1200枚も。
4年前に六甲の焼き菓子屋さん「puro」の内装デザインをした時に入り口付近にウロコを作って貼ったのが始まりです。
焼き菓子という洋風なイメージと神戸のうろこの家という洋館のイメージを掛け合わせたのがきっかけでした。
そこからシェアウッズの山崎さんにデザインを提供する感じで、何度か見積もりの話はありました。
でも、高くていつも見積もり止まり。
製作には至りません。
加工の手間と枚数が必要な割に貼れる面積は大きくない、ので仕方ないかなと思います。

でも今回は決まった。
そして製作しました。

相変わらず数が多いのでウロコの形に削り出すのが大変。
単純に1枚30秒でできても1200枚終わるまで10時間かかるわけです。
治具で効率上げて、作業にも慣れてきて、後半はペース上がりましたが、それでも合計8時間はかかったかなと思います。
大変だったけど、単純作業は無心になれるので嫌いではないです。

ウロコ作りは大変な作業ですが、頑張った甲斐があると心底思う達成感があります。
壁に貼る作業は大工さんですが、また写真が見れるのを楽しみにしています。

ウロコ貼り、ご所望あれば作ります。
ちょっと高いけど。