ブログ
2021.03.01

4年前


兵庫県で出ていた緊急事態宣言が2月いっぱいで解除になりました。
ひと月半ほど期間があって、昨年の4月ほどではないにしろ夜は町が静かでしたね。
日が長い夏に北欧を旅行すると、まだまだ明るいのにどんどん店は閉まっていく、時計を見ると夜の11時だ、みたいなことがあって、薄暗くなると街は眠る。
それと近い印象をこのひと月感じました、眠らない街に慣れてしまっていたけど、これはこれで健全だなと思いました。
飲食業の方には死活問題なので無責任にいいとは言えませんけど。
とにかく緊急事態宣言が明けたので、マジカルファニチャーでしていた緊急事態宣言キャンペーンも終了します。
多くのご依頼ありがとうございました。
気長に待っていてください、順々に製作をいたします。

話変わって、4年前に製作した兵庫県西脇市で播州織でストールなどを作っている tamaki niime さんのショップのスツールの張り替えをしました。
色彩豊かで、色合わせのセンスがまたよくて、地味になりがちな冬場のファッションに彩りを添えてくれる布地はとてもいい。
そんな tamaki niime さんのスツールを縁があって作ったのは4年前、4年ぶりにみたスツールはいい感じのヤレ具合が出ていてたくましくなってました。
座面はスレや引っ掻きなんかで破れてくるのは必然なので張り替えればいい。
播州織は薄いうえに、家庭ではないので使われ方もハードだったと思います、4年で張り替えは妥当かなって印象です。
張り替えを想定して、張り替えやすいようにデザインしたのも良かったなと。
あと木部はがっしりとガタつきも全くなかったのが、ちゃんと作れてるな、と我ながら思いました。
今回張り替えた布地はカバン用の丈夫な布だったので、4年よりもっともつでしょう。
直して使い続ける、それができるように作る、これからの時代に大切なことですね。
次回の張り替えの時の表情が楽しみです。