ブログ
ホームブログたまたまできたもの
2020.12.06

たまたまできたもの


おかげさまで、もう何度目か忘れましたが Curved Wood Shelf を作りました。
初めて作ってから4年、マジカルファニチャーの店頭ではそんなに売れないのですが、昨年から卸販売を始めて取扱店さんが売ってくれています。
オンラインショップのCATAWARAさんと東京幡ヶ谷のBULLPENさんです。
商品としては自信があるのですが、なにせ神戸の店頭に置いてるだけでは人目につかなさすぎて興味のある人たちに気づいてもらえませんでした。
そこでバイヤー向けの合同展示のててて見本市に参加して販路を広げようと思い立ったわけです。
東京での展示会に参加するのは経費がなかなかかかります。
悩んで悩んで、台風で停電して作業ができなくなったのがきっかけで応募しました。
全国のかっこいい物を作っている人たちと肩を並べて、全国から来る審美眼のあるバイヤーに見られる。
これは初めての発表会のようで緊張しました。
その展示会をきっかけに御付き合いの始まったお店からの注文のおかげで、こうして追加でたくさん製作できています。

この Curved Wood Shelf のデザインのきっかけは些細なことでした。
椅子を作っていて、曲げた板から背板を切り出して余った曲がった板を工場のゴミ箱の横に置いていました。
休憩中にネットで見たロッククライミングの途中でビバーグのためにベッドを吊り下げている画像を見ました。
曲がった板、ビバーグの画像、この2つが頭の中で重なって試作したのがきっかけでした。
言ってしまえば、たまたまできたものです。

そこからサイズを考えて、ワイヤーを選んで、安全かどうか試して、製品になりました。
細い真鍮のワイヤーを石膏ボードの壁に引っ掛けて使える。
壁を飾る、ここに注力しました。
よく「本当に大丈夫?」と聞かれますが、大丈夫です。
我が家で使っている試作品はもう重いものを乗せて5年経ちますが問題ありません。
これまで100個近く納品していますが、落ちたのは1回だけ、それも猫が乗ってしまったから、だけです。

これまで棚がどこでどのように使われているか気になりますが、どこかで偶然の再会があると期待しています。
これからもうちの飾り棚をよろしくお願いします。