ブログ
ホームブログ椅子のことを聞く
2020.11.17

椅子のことを聞く


久しぶりに椅子を作りました、オリジナルの Hello! chair です。
椅子ってなかなか注文がもらえるものではなくて、実に2年ぶりの製作でした。
世の中には1万円未満の安い椅子から40万円くらいする高い椅子、無名のデザイナーものから雑誌をひらけば目にする有名デザイナーのものまでピンからキリまであって、その大きな椅子という枠の中では僕らのような作家でもない有名でもない家具屋の椅子は中途半端な立ち位置で、売れないのも理解できる
座り心地や品質は自身があるのですが、まぁブランディングの問題でしょう。
そんな注文の少ない椅子をラインナップに加えて見せ続けているのは、家具屋としての意地、と言うのが一番しっくりきます。
僕らのような超小規模家具屋が作る椅子は、作り手の意思が強く現れていて、椅子を見れば家具屋として何を大切にしているかがなんとなく見えます。
座り心地が優先なのか、デザインが優先なのか、コストが優先なのか、それは椅子以外の作るものでも同じ思想で作られていると思います。
椅子で好きな家具屋を見つけるのもいいと思います。

そんな椅子だから注文をもらえたら光栄に思うし、嬉しい。

椅子の製作は部材も多いし、加工の行程も多いので手間がかかりますが、一枚の板がどんどん椅子の形になっていくのは楽しい作業です。
今回もいい木取り、加工ができました。
いい椅子ができたと思います。

もしマジカルファニチャーのような超小規模家具屋に行くことがあれば、椅子のことを聞いてみてください。
その人がものづくりで大切にしていることがわかると思います。
椅子のことを聞くと話が長くなりがちなので、そこは注意ですけど。