ブログ
ホームブログ一緒に歳を取れる無垢のドア
2020.08.10

一緒に歳を取れる無垢のドア

ドアを作りました。

中古で戸建を購入されたお客さんの家で、既存のアルミ扉を無垢の扉に変えたいと相談を受けました。

いわゆる、よく見るアルミの扉でしたが、全く同じ寸法でオーク材で新たにドアを作って差し替えました。

アルミから無垢の扉へ、

アルミドアの方が機能的には優れているだろうけど、無垢にしか刻めないものがあると思う。

 

ドアのことを僕はよく「毎日触れる家具、聞こえる家具」なんて少しメルヘンな言い方をして説明しています。

実際にドアから伝わる感触や聞こえる音は記憶に根付きます。

ノブのバネの感触、ドアの重さ、閉まる音、それが家を出入りのたびに記憶して、暮らしの一部になります。

アルミが悪いってことはないですが、一緒に歳を取れる無垢のドアはなんだかいいですよね。

不便もあるだろうけど、大切に付き合っていきたい。

そう思ってもらえたら嬉しい。