ブログ
2020.03.09

最近はなにかと枠を作っています。
ドアの枠、
飾るための枠、
椅子の座枠、
なんか枠が多いな、と思いながら手を動かしていてると、家具は枠の強度が重要だったなと思い出しました。
こんな細い脚で大丈夫?
と不安になるような見た目の華奢なテーブルや椅子も、枠が頑丈に作られていたら見た目以上にがっしりしているもんです。
木工の仕事をしている人は、他の家具屋でも下とか裏側が気になって、視線がそっちに向いているので同業者だとわかるものです。
みんな意識せずとも枠が気になっているんでしょう。
部屋を仕切るドアも、枠は案外ないがしろにできません。
このドアいい、というドアは枠も凝っているものが多いですね。
助演男優賞がブラッド・ピッドみたいな感じです。
名作には名脇役がいる。