ブログ
ホームブログアーチのドア
2020.03.03

アーチのドア


Magical Door と銘打ってドアの製作を始めてから3年が経ちました。
おかげさまでこれまで何枚ものドアを作ってきました。
リビングのドア、トイレのドア、が多かったかな、お店のドアも作りました。
まだまだ日が浅いドア屋業ですが、今回は初めてアーチドアを製作しました。
しかも無垢のドア。

80年代〜90年代初めころのマンション、ヴィンテージマンションと呼ばれるマンションの部屋にはアーチ状に開けられた通路を見かけることがよくあります。
当時流行っていたんでしょうね。
レトロな印象、可愛らしい印象がするので、リノベーションみたいな大型の工事をしても、このアーチを残している人は多いですし、新築の住宅でも見かけます。
でもこのアーチの開口にはドアは通常ついていません。
僕の実家にも同様のアーチ開口がありますが、冬はあたたかい空気が抜けて寒い。
手軽な方法としてカーテンみたいなので塞ぐと軽減できます。
引き戸を取り付けるのも有効ですね。

でもいずれも機能は果たしていますが、せっかくのアーチが活きていない見た目になります。
少し残念。
そこでドア屋の出番ですね。
アーチの開口に収まる、アーチのドアを作ることができます。
お値段は四角のドアの倍ほどしてしまいますが、、、。
それほど手間のかかるドアなんですね、アーチドアって。
ドア本体の加工はそれほど難しくないのですが、ガラス抑えや戸当たりが大変。
今回は曲げてつくりました。
地味な部材ですが、ドアには重要で手は抜けない箇所です。
そんなこんなで苦労が詰まったアーチドアを眺めてみると、
いいですね。

あとはこちらもアーチ状に切り抜いた型板ガラスを嵌めて、ブルーに塗りつぶし塗装をして、ドアノブつけたら完成です。
まだ少し先ですが、吊り込んだらブログ書きます。
さぁ、あたたかい春はすぐそこ。
頑張ろう。