ブログ
ホームブログ木取りという作業は結構好き
2020.01.06

木取りという作業は結構好き


家具屋が家具を作る時、木取りから始まります。
大きな木工所だと丸太を買って、製材して、乾燥するところから始まることもありますが、多くの中小規模の木工所は材木屋から乾燥まで終わっている板を買っています。
で、買った板を製作するものに合わせて切り出していくのが木取りです。
板を並べて、木目を見て、板のどの部分を家具のどの部材にしようかと考えます。
今回はテーブルと椅子を作るので、まずは大きな部材が必要になる天板から。
天板の場合は強度面の心配はあまりする必要がなくて、視線を受けるので木目の綺麗さを優先して決めています。
主に木目の通りの良さ、節や白太などの欠点がないかですね。
もちろん希望があれば節なんかの欠点とされている箇所も使います。

テーブルを作った余りで椅子の部材を切り出します。
椅子の場合は部材が細いので、より考えます。
特に「木目の通り」が重要。
ここで木目の通りの悪い部材を切り出してしまうと、最悪の場合は脚が折れて破損。
までならまだしも、最悪の場合はケガにつながります。
なのでとても慎重になります。

今回仕入れた材料はどこを取っても大丈夫、とは言えなかったので木取りで時間がかかってしまいました。

まだ荒木の状態の板を並べて、完成した家具の姿を想像して切っていくという、この木取りという作業は結構好きです。
子供の頃にプラモデルの箱を開けて中身を取り出す感覚に似ています。

さぁ、椅子づくりの工程は多いけど頑張ろう。