ブログ
ホームブログ日本語で籐(とう)、英語でラタン
2019.03.22

日本語で籐(とう)、英語でラタン


日本語で籐(とう)、英語でラタンはヤシ科の植物で竹みたいな素材です。
よく銭湯や温泉施設で、籐で作られているスツールやカゴをよくみます。
水に強いので南の島のリゾート宿で屋外に置かれている写真も見たことがあります。
歴史の古い素材ですが、最近ではあまり見ることがなくなりました。

僕の好きな建築家のアアルトの建物には籐がよく使われています。
手摺や柱に巻いています。
肌触りが良くて、適度な凹凸がグリップ感を増してくれますし、見た目も有機的で好きです。
今までいいなと思っていたものの、実際に使う機会がありませんでした。
なんだか難しそうとも感じてました。

でも今回ドアの取っ手を作るのに、お客さんもお任せと言ってくれたので籐を巻いてみることにしました。
初めての作業でしたが、経験者に話を聞いて、GoogleやYouTubeで調べたり見たりしながら巻いてみたら案外簡単にできたのが驚きです。
もちろん丸棒に継ぎ足しなしで巻くという、初心者作業だったのもありますが綺麗にできました。
便利な世の中で、インターネットで調べれば巻き方やコツなどのノウハウはすぐに見つかります。
でも、実際に手を動かして得た感触はより糧になったように思います。
籐を巻いた棒を握りながら、いいなと一人つぶやいてしまいました。

またチャンスがあれば籐を巻く機会を見つけて、機会を作ってみます。