ブログ
2014.07.06

卵の殻


香川県高松市に展示設営の長期出張に来て13日が経ちました。
うどんが有名なので昼ご飯は毎日うどん屋に行って、店ごとに微妙に違う麺の味を楽しんでいます。

作業は順調に進んでいて、本日は休息日になりました。
香川県には直島を筆頭に、いろんな島に現代美術の作品が展示されています。
せっかくなので豊島に行くことにしました。
第1回の瀬戸内国際芸術祭では2回訪れた島で、その頃にはまだなかった豊島美術館に行ってみたかったからだ。
とても不思議な形をした建物の中に、とても繊細な作品があった。
自分が小さくなって卵の殻の中にいるような感覚で足下の水滴を追いかける。
音の反響が大きく、周囲の些細な音がはっきりと聞こえる。
風を感じる、音を聞く、細部を見る、感覚が開いてくるように思えた。
とてもいい美術館でした。

他にも、心臓の音を録音したり、前回訪れた時には見れなかった作品を見に行ったりして最後は直島でI♥湯に行って高松に戻るという充実した1日となりました。
高松にいたら島が近い、これは羨ましい。

展示設営もラストスパートです。
僕ももう少しで神戸に戻ります。


SONY DSC