ブログ
ホームブログ耐えること
2022.11.20

耐えること


マジカルファニチャーのすぐ裏にゲストハウスがあります。
MAYAという名前で、地元の山の摩耶山から取った名前です。
5年ほど前に町の診療所だった古い建物をゲストハウスにすると聞いたときは「ここで!?」という印象でした。
当時は東京の蔵前のNuiとかが話題になってゲストハウスが流行り始めていた頃で、流行りの商売にほだされて始めるのか?とも思っていました。
でもそれは僕の勘違いで、あえて下町で宿をする、その下町で海外から来たゲストが楽しんでもらう、それを真摯に考えもてなす。
そんな至極まっとうな本気の宿でした。
徐々にお客さんも増えて、毎日大きな荷物を持った人がやってきて、朝に出発していく、その光景が下町の風景のひとつになっていて家具を作りながら見えるのが楽しいものでした。
ラグビーワールドカップのときは神戸で試合のあるスコットランドや南アフリカの屈強な人がはるばるやってきてユニフォームを着て応援に行っていました。
これもゲスタハウスがここにあるから出会えた光景でいいものでした。

でもコロナになって海外からのゲストはいなくなり、日本人のゲストも激減。
最初の緊急事態宣言のときは休業するか?という議題も出たみたいですが休まず開けることを選んだそうです。
そこからも日本人のゲストは少しずつ戻っては来ていましたが、コロナ前の賑わいはありませんでした。
でも今年の10月から日本に個人旅行で入国する規制が撤廃されてから外国人のゲストも戻ってきました。
1階のロビーで日本人と外国人が話をしている光景も戻ってきました。
ようやくです、長かったよなぁ、よく耐えたよなぁ、と感慨深いものがあります。
商売をやっていたらいろんなことがありますが、コロナは超弩級です。
廃業したお店もたくさんあります。
それだけにコロナを乗り越えたというのは誇れることだと思います。

続けることの難しさ大切さは言わずもがな、耐えることの強さを学びました。
まだまだこれからですが、また賑やかなグストハウスに集まる人たちの景色が見れたら僕も嬉しい。