ブログ
ホームブログカフェブーム
2022.06.23

カフェブーム


おっさんの「あの頃は良かった」の話は聞きたくないけど、年上の人の「当時の時代」の話は好きです。
ラジオでも往年のスターが若い頃の話を時代背景も含めて話しているのはおもしろい。
客観性というか、俯瞰してみれているかがポイントなのかなと思います。
で、僕も時代の話を、、。

先週のことですが、大阪のとあるカフェのリニューアル工事の家具の一部を製作して納品しました。
そのカフェが2000年あたりの関西カフェブームの香りがして、懐かしくなったわけです。
2000年前後あたりで関西ではカフェがいくつもオープンしまくるカフェブームがありました。
スタバのようなシアトル系のコーヒー屋もかなり増えていましたが、まだまだ喫茶店も強かった時代です。
そんな中おしゃれな(という言葉は好きではないけどあえて)内装の個人経営のカフェというのが増えてきた頃で、雑誌でもカフェ特集はしょっちゅうでした。
僕も雑誌に載っているカフェを巡っていた時もあった。
雰囲気のいい落ち着いた店内でコーヒーとケーキ、パスタも美味しいといった感じです。
当時は不景気という言葉が常にどこかにあって、就職氷河期だった時です。
正社員雇用が難しくなり、就職するという働き方だけが生き方ではないとみんなうっすら考えていた頃かなと思います。
そんな時代の中ではカフェで働く人が楽しそうに輝いて見えたんだと思います。
カジュアルな格好でのんびりとゆっくりとしていて楽しそう、と。
それはよくわかる、経験がある。
実際はカフェ経営は一筋縄ではいかない難しい商売なんですけどね。
そんなカフェブームにほだされてカフェがたくさんできて、減っていきました。

ブームは去ったかもしれないけど、関西にカフェというカルチャーは根付いたと思う。
今回仕事をしたカフェはもう老舗と呼べるかもしれません。
僕にとっての青春時代だった20年前。
この空気に思わず触れると心の何かがほぐれる感じがします。
あの頃は無邪気に楽しかったなぁ。