ブログ
ホームブログ少し先の楽しみ
2021.08.02

少し先の楽しみ


先週は納品で奈良に行きました、奈良の仕事は久しぶり。
現場は法隆寺のある斑鳩なので奈良市内からは少し離れた土地です。
暑い夏は奈良も暑いですが、斑鳩のほうは山、川、田んぼ、とのどかな風景が広がっていて、もくもくとした雲も相まってこれぞ日本の夏という風景を見せてくれていました。
現場作業は事前準備もしっかりできていたし、取り付けもスムーズに進んだので3時間ほどで完了しました。
料理も家具も仕込みが大切です。

昼過ぎに現場を出たので、遅めの昼ごはんを食べて、せっかくの奈良なので平城宮跡の脇にあるニューライトポタリーのショールームに行きました。
秋に控えている新居のリフォームのこともあるし、照明を見ておきたかったのです。
訪れるのは3度目ですが、一階の窓からは田んぼと遠くに若草山が見れて、高い建物がないので空が広く見えて気持ちがいい。
稲の成長具合も訪問の度に違うので、風景の印象が変わっていつも新鮮な気分です。
薄暗い2階の展示とのギャップもドラマティックですね。

説明を聞いて、質問をして、前から気になっていたブラケット照明の Chips を注文しました。
僕は納品がスムーズに終わると気分が良くなり財布が緩みがちです。
逆に新居用に照明を購入するなら、この日のタイミングがベストとも言える。
月末に支払いを済ませて、たくさんお金を払った後では買い物のテンションにはなりませんからね。
ペンダント照明は交換が容易ですが、ブラケット照明なんかの電気工事が必要で壁に直接固定するタイプは新築やリフォームのタイミングしかないともいえます。
届くのは9月、取り付けは11月、ライブのチケットを買った時のような少し先の楽しみというのはいいものです。

照明といえば、マジカルファニチャーのお店でも照明はいくつか置いています。
どれも安くはないので、そんなに売れていませんが照明のことを聞かれるといつも「本当に気に入った、いい照明」の購入をおすすめしています、たとえ少々高くても。
理由は「照明は壊れないから、家具以上に」です。
電気製品ですけど、非常にシンプルな仕組みですし、経年で劣化するようなこともほとんどありません。
パーツが壊れても簡単に安価で交換ができます。
あまり触るものでもないので、破損や汚れなんかも家具に比べたら生じにくい。
まさに一生物なわけです。
あと空間の印象を左右するほど目立つ。
だから「気に入った、いい照明」は冬のコートを我慢して無理してでも買うべき、というのが持論です。
特に後からつけれないブラケット照明はね。

通帳の残高と今後の仕事の予定と相談しながらですが、こうやって新居のリフォームの準備をするのは楽しいですね。
奈良に行かれた際はニューライトポタリーのショールームおすすめです。
リアル店舗でしか得られないことがここにはたくさんあります。