ブログ
ホームブログ家具を作ることは場所を作ること
2018.12.17

家具を作ることは場所を作ること


部品メーカーのオフィスのドリンクコーナーをデザイン、製作させていただきました。
いわゆるオフィスの空間は金属や樹脂パネルがほとんどで、天然の素材のものが極端に少ない。
そんな場所に無垢の木でほっこりできる場所を作りたい、と相談を受けました。
働いている人が自由にお茶やコーヒーが飲めるスペースです。
福利厚生のひとつだと思いますが、いいことですね。

今回は3箇所にスペースを作りました。
ご要望通り、たっぷりと無垢のオークを使っています。
壁のパネルは厚み10mmのオークの羽目板を使っていて、その上に横方向にルーバーを取り付けました。
ちょっとした季節の飾り付けができるように、ルーバーには棚板を差し込んだり、S字フックなんかをかけられます。
ストックのお茶やコーヒカップを収納できるように、テーブル下にはキャビネットを作りました。
働く場所で、自分のデスク以外に落ち着ける空間があるとないとではストレスが違うと思います。
僕も前職の時は小さい子供椅子を持って軒先で休憩していました、あの時間は良かった。

設置には丸一日かかりましたが、木の質感たっぷりの場所が現れました。
オフィスの風景もずいぶんと変わりました。
こういう仕事をするといつも思います、家具を作ることは場所を作ること、だなと。
この場所が働く人にとって落ち着ける場所になればいいなと、そう思います。