ブログ
ホームブログ都会の隙間
2018.10.12

都会の隙間


夏が過ぎていって、秋が始まり晩秋に向かうこの時期、外で過ごすのが気持ち良いこ気候です。
毎週末どこかでイベントが催されていて、人が動く時期です。
お店をオープンさせるという人も多いですね。

つまり僕らのような製造業は繁忙期に入ります。
今年も店舗の家具や、イベントの設営などの仕事をこなしています。
ありがたい。

9月に作っていたエンツォ・マーリのテーブルを納めさせていただきました。
場所は大阪、難波のど真ん中です。
詳しくは知りませんが、もともと地下鉄の線路の点検孔だそうで(とはいっても電車の点検孔なので広い)あまり使われていなかった土地です。
そこをBBQ広場にしようという計画のための家具でした。

先週末は淀川の河川敷でキャンプをしたり、カヌーなんかも楽しめて、子供に淀川の生態系も学んでもらおうというイベントの設営をしてきました。

難波のBBQも淀川の河川敷も、いつもは何もない土地。
言ってみれば都会の隙間のような場所です。
そういう場所を有効活用しようとする流れはいいことだな、と思います。

もはや都市部では土地がない。
でも隙間はあるように思います。
「こんなところに、こんな場所が!?」みたいな少しの驚きが楽しい。