ブログ
2018.05.18

温泉街


依頼をいただいて製作していたドアの配達と吊り込みのために神戸の六甲山の北側の有馬温泉まで行きました。
小さい頃は祖母が有馬温泉の旅館で働いていて、家からも近かったので家族でたまに来ていました。
歴史は古い温泉で、有馬の湯は日本三大名湯に数えられることもあります。

昔はピカピカする看板が多くて、雰囲気がなかったように記憶していますが、いまでは品のある落ち着いた温泉街の佇まいになっていていい感じです。
外国人も増えましたね。

ニュースで「有馬温泉の湯が枯渇するかも?」みたいな話を聞きました。
だからか、散歩していて穴を掘る工事をしているのを見かけます。
山を削ってまで深い穴を掘っているところもありました。
僕にとっても思い出の温泉だし、神戸にとっても重要な温泉だと思います。
工事は大変だろうけど、ずっと有馬の湯を楽しめるようになって欲しいです。

また有馬の仕事があるといいな。