ブログ
ホームブログ特注の大きな食器棚
2018.02.26

特注の大きな食器棚


特注の大きな食器棚を製作していました。

対面式のキッチンの後ろ側に置く、食器や電子レンジや炊飯器を置く棚です。
なんども打ち合わせをして、形がいまのに落ち着きました。
僕は寸法が命のような収納家具は短所も多いな、と考えているので、なんでも置けるようなゆとりのある大きさで棚の幅や奥行きをとっています。
「ここにはこのレンジ」「ここにはこの箱」みたいな感じで作ると、はじめは使いやすくていいと感じますが、壊れたり廃盤になっていたりすると合うのが見つからない何てこともよくあります。
特に家電は多機能化によって大きくなる傾向もあります。
余分なスペースがある、くらいの方がいいと僕は思います。

これくらいの大きな家具になると製作には骨が折れます。
特にウチくらいの広さと設備の工房ではいろいろと工夫しないといけません。
コツ、のようなものがあって、駆使しつつ、慎重に進めます。
結局、失敗しないことが時間的にも経費的にも一番いいので、急がば回れです。

そうしてお見積もりように描いたスケッチ通りに完成した家具を見ると達成感が感じれていいものです。
でも同時に「あの時こうしていれば、もっと良かったかな」とかも考えます。
反省点のない仕事なんてあるのかと思うほどです。
毎度、製作を振り返っては改善点を探っています。

とはいえ今回の食器棚はいいものができたと思っています。
あとはお客さんが長く愛着を持って使ってくれるものになるか、
いまはそれだけが気になります。