ブログ
ホームブログ爪を引っ掻いたような月
2019.11.03

爪を引っ掻いたような月


夕焼け空に爪を引っ掻いたような細い月が綺麗で写真を撮りました。
りくおの「同じ月を見ている」という曲が好きで、爪を引っ掻いたような月という表現のフレーズがあります。
ポエトリーリーディングのようだけど、歌っている。
歌っていないような感じで歌っている。
その歌とピアノのメロディーと歌詞が哀愁を引き立ててくれるのがいいなと、iPodのシャッフル再生でたまに出会ったときにいつも思います。
台風が多かった10月と打って変わって、ここしばらくは穏やかな秋の気候で過ごしやすいですね。
6月に行ったフィンランドがこんな感じでまた行きたいなと欲が湧いてきてしまうのが困ったもんです。