ブログ
ホームブログ手作りのドリップスタンド
2017.11.08

手作りのドリップスタンド


西宮市役所の少し北側にある『ゆげ焙煎所』にてコーヒードリップスタンドを作るワークショップをさせていただきました。
ゆげさんでこのワークショップをするのは4回目、ありがたいことに毎度人気があって、参加者の募集を開始するとすぐに定員にっていました。今回も1日待たずに募集を締め切りました。

はじめに軽く挨拶をして作業開始。
まずは用意してきた中から材料を選んでいただきます。
チェリー、オーク、スプルース、パイン、ラワン、ウォルナットの中から土台の材料を選び、
真鍮、銅、のどちらかをドリッパーを乗せる部分にします。

そのあとはカンナを使って木の端を削ってもらいます、家具作りでいうところの面取りという作業です。
シャカシャカとみなさん器用に削っていました。

削れたら金属棒を曲げます。
作業台を利用してグイッと直角になるまで曲げます。
真鍮も銅も柔らかいので、直径4mm程度なら手で曲げることができるんです。
曲げたら高さを揃えるために切って、土台に穴を開けて接着剤で固定。

最後にオイルで塗装をしたら完成です。

19時30分に開始して、21時にはみなさん完成しました。

カンナで初めて木を削った、
真鍮の棒って手で曲がるんだ、
木って塗装するとこんなに色が変わるんだ、
などを経験していただけたかな、と思います。

これからのコーヒータイムは手作りのドリップスタンドで愛着のある時間を過ごせたらいいですね。

ありがとうございました。