ブログ
ホームブログ『ドア屋をやってみようと思う』
2017.09.05

『ドア屋をやってみようと思う』


マジカルファニチャーを始めてから、気がついたことの一つにドアのことがあります。
ドア製作の相談が多いな、という実感があります。

こだわって家を建てたり、リノベーションしたりしたときに最初は家具以上に必要になるのがドア。
でも、せっかくだからドアにも配慮したいと思った時に、どこに相談したらいいんだろう?
と、考えてしまう。

たしかに建具屋さんは減ってきているし、住宅メーカーの既製品のドアではものたりない。
そもそも合うサイズのドアがカトログになかったり。

と、そんな風に意外にも選択肢が多くない。
だからウチみたいな小さな家具屋にも話が来ていたのだと思う。

そこで、ドアについて考えてみて、注意して見るようになったらおもしろかった。
毎日触るものだし、でも意識せずに使う道具でもあって、でも意識すると音もそれぞれ違って、感触も違っている。
かっこいいな、と思うドア。
ここにドアがあったんだ、と思うドア。
多様です。

そんな多様なドアの世界で、マジカルファニチャーは少しクセのあるドアを作っていこうと考えています。
開けてみたくなるような、なんか記憶が引っ掛かるようなドア。

クラシックなドアを作っているところはあるし、シンプルなドアだと価格で建具屋にはかなわない。
でも「このドア、ひょっとしてマジカルの?」と思われるようなドアは作れると思う。
別の素材を扱うプロにも頼もしい人がいる。
どうなるかはわからないけど楽しくなりそうなので、『ドア屋をやってみようと思う』と思った。
家具もこれまで通り作りますよ。

また告知します。